表紙

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 








 一  青 春


 兄と妹がいた。
 田舎でも都会でも、迫害を受けた。
 兄は、妹をまもる。妹は、兄をいたわる。
 力の限り、二人で生きていた。


 これは戦争なんだ。正当な権利を得るための、闘争だ。
 罪のない人たちを巻き込むだけ。
 犯罪といっしょにするな。為政者が罪を犯しているのだから、我々に正義がある。
 かなわない。無理。


 俺は、突っ込む。
 やめて。
 いつまで泣き寝入りをすればいい。弱虫どもの面倒はお前にまかせた。
 お兄ちゃんの・・、お兄ちゃんが心配だから、いうのよ。





 二  朱 夏


 委員長。報告します。
 何人殺した。
 十二名。当方の散華、二名。捕虜となったもの一名。
 そいつは潜入要員により、口封じ。


 いい。忘れてはいけないのは、命の重さです。
 でも、いつも冷やかされてばかり。
 怖くはない。銃口も。嘲笑も。それが、私たちの強さなんです。
 わかりました。粛々と、ですね。


 首都は荒廃したが、激徒は敗走。
 各地で、裁判無しの処刑が繰り返され、兄の手足は掃討されていった。
 官製選挙が、形作りにとりおこなわれた。
 妹は、野党の首領として議席を得るが・・





 三  白 秋


 何を言ってるのよ。市民の半分は女。弱気になることはない。
 軍が、黙っていません。
 軍人だって、お母ちゃんから生まれたんじゃない。
 あたしは怖い。


 よし、あいつ、よくやっている。
 体制は、四分五裂。潮が満ちてきました。
 武器と食糧をかき集めろ。脅してでもタマを徴兵。
 逆らうやつは、いつも通り。


 私の命が欲しければ、お好きなように。何も持っていません。
 話だけは聞いてやろう。
 国を治めるための良策があります。
 お嬢さんは何も知らないようだ。何事も力で動く。世間知らずですな。





 四  玄 冬


 兄は降伏し、捕らえられた。
 首相は、失脚した。
 軍は、新しい主人を迎えた。
 市民は、歓呼で、待望の安寧を祝った。


 あなたのおかげで、新しい時代が訪れます。
 はやく出せ。やりたいことが山ほどある。
 あなたのできるお仕事は、残っているのは、一つだけです。
 お前の指図は受けない。


 おい、と、格子の中から兄は呼び止めた。
 はい、と、妹は振り向いて、唇を結んだ。
 待ってるぞ。あっちで。
 待っていて。きっとまた一緒に。お兄ちゃん。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

物語 『道』 2000/12/25
当頁 2016/04/08 (金)〜