表紙

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


二兎






 てつあにいは怖いけど、俺らの面倒をよくみてくれたさ。
 一番多いときで十人ぐらいになった。
 でも半年しねえでよ、殺られたりはぐれたりばっくれたりで、あにいと俺だけになっちまった。
 初めての街について、あにいは新しい武器を買うことにした。
 で、惚れ込んだのが「二兎の剣」てえしろもの。
 なんのことはねえ、刃に二匹の兎の透かし彫りがあるってえだけなんだが、売り口上がふるっててよ。
 でかい望みを二つながらかなえられる縁起物ってえじゃねえか。

 怪物どもを倒してやっつけて殺し抜いて、最後にはこの世界の秘密を暴いてよ、ありえねえほどの財宝を手に入れる。
 だれもがあこがれるあの伝説の王女を自分の女にしてやる。
 てつあにいは、剣にみほれながら、よく語ってたぜ。

 その武器屋でよ、しみったれってえわけじゃねえが、俺らの癖だからしょうがねえ、その二兎の剣を買うとき、値切ったとおもいねえ。
 店のオヤジはしぶりにしぶり、あにいはねばりにねばって、とうとうオヤジは折れて、でも値は下げなかった。
 値を下げる代わりによ、売り物を一つおまけでくれたわけだ。
 それが、あっぺ、だった。
 魔族のみなしごでよ、最初はあかほっぺだったんだが、呼びづらいからって、あっぺになった。
 あっぺはおなごだったが、まだ乳とか平べったくて、魔力も子供だまし。
 ぱしりと炊事係ってえところだった。

 でもよ、それからしばらくずっと、この三人組で、なんとか生き残ってったんだ。
 毎日毎日殺し合いで、殺伐としてたけどよ、それはまあ、シノギだからしょうがねえ。
 気がつけば一年ぐらい経ってたしよ。
 あっぺがよ、ふつうの人間じゃねえから、成長が早くてよ。
 困ったわ、俺。
 どうしてそんな肌があらわな戦闘服しかねえんだって、心のなかで文句いってよ。
 でもよ・・・ 

 てつあにいとの別れが、意外と早くやってきた。
 泣いたわ、俺。
 ゴランド海峡を渡るんだってきかねえんだ、あにいが。
 向こうの大陸に行かなきゃ、もう上が無えっていって。
 でもよ、きいてまわっても、行って帰ってきたものが誰もいねえ。
 それじゃわからねえじゃんかよ、伝説とうわさだけじゃよ。
 ただ死にに行くだけか。
 あにいは信じられたが、俺は疑った。
 そもそも海峡はいつも嵐に大波で、漕ぎだした船の二つに一つは、海の藻屑よ。

 船賃が信じられねえぐれえ高くてよ、いけるとしても一人分だ。
 あっペが、泣き叫んで、てつあにいにむしゃぶりつくんだ。
 おなかに赤ちゃんがいるよ。
 おねがいだ、もうこわいまねはしねえで。
 あたいをすてねえでよう。
 ってよ。

 でもいっちまった。
 あっぺと子どもは俺にまかすって言い残してよ。
 二兎の剣が、あにいを連れていっちまったんだな。

 あにいがいなくなったら、もう、殺し合いがむなしくなってよ。
 俺は、たぶんあっペも、あにいがいたから血の海でも毎日がんばれたんだ。
 それなりに楽しかったんだ。
 生まれた村に帰った。
 あっぺの腹が大きかったから、まあ、村のみんなは俺の子と思ったわ。

 俺は武器屋をはじめたよ。
 ほかに取り柄もねえしよ。
 あっぺがクスリをあつかってよ。
 村から外の世界にうって出ようって馬鹿者どものたまり場さ。

 八年目ぐらいに、よそもんの男が剣を売りに来た。
 一目見て、おもいっきりけなして、買いたたいた。
 男に剣の来歴をきいたけど、前の持ち主が海峡の海岸のどこかの街で手に入れたらしい、ってぐらいだ。
 夜、あっペにみせた。
 涙ながしてた。
 俺もさ。

 まあ、身を入れてねえから、貧乏だけどよ。
 子だくさんで、それなりに楽しい我が家だわ。
 てつあにいは、二つながらのなにかを得ようと海を渡った。
 俺らはてつあにいを失って、それでも、なにかを得られたって思うよ。

 たぶん、いつかはと思ってたけど、見つかっちまった。
 倉庫に隠してたんだが、長男のやろうが、うらの森で剣術の稽古さ。
 連れていっちまうんだろうな。
 でもよ、俺もあっペも、止めねえつもりだ。
 きっと、泣くけどよう。
 だって、底知れねえ馬鹿でさ、血も涙もなく殺してさ。
 歌って飲んで、やりまくってよ。
 朝日が昇ったら、さあ、今日もがんばろうって、伸びをしてよ。
 それが、俺らだもん・・ 





 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

物語 『二兎』 2013/06/29 (土)
当頁 2017/01/07 (土) 〜